ほむ女の#女性相談所#DVシェルター#元ホームレス女子#貧困女子#生活保護女子...etc

女性相談所を県各所まわる日々を過ごしてました。今は生活保護を受給してます。

徹底討論!ホームレス女子 VS DV被害者女性~一緒にするべきか?分けるべきか?~

 

f:id:homezho:20181003123409j:plain

ピーチク、パーチク・・

 

こんにちは!ほむ子です。

今日は、以前女性相談所の職員にも「論文にしてみようかと思います!(笑)」

と息巻いていた・・・

 

「ホームレス女性 VS DV被害者女性!

果たして一緒に女性相談所に居させるべきか!?」

 

の議論をしたいと思います!

私はホームレス女性側です。ええ、当然ながら。

なので、DV被害者の方の意見は無視するわけでは断じてありませんが・・

配慮が足りないような事言うかもしれません!申し訳ありません!

個人的には、両方にとって良い結論を導き出せたらなと思うので・・

生暖かく読んでください・・汗

 

この記事の要点は・・

 

☆ホームレス女子はぶっちゃけ隠れる必要無いよね?

☆ホームレス女子にとってDV被害者の方は重過ぎる・・泣

☆DV被害者の方は・・ホームレス女子をもしかして差別する??

☆ホームレス女子にも種類がある・・(ちょっと残酷)

☆金銭感覚の違いはどうにかならないかなー。千差万別!

☆結論

 

です!

 

では、一つずつ見ていきましょー!

 

☆ホームレス女子はぶっちゃけ隠れる必要無いよね?

f:id:homezho:20181003124243j:plain

隠れるニャンコロ・・

 

これはホームレス時代、まじでもやもやしていた事です!

女性相談所によっては結構厳しく外出を制限している都道府県がありまして、特に外出に対して👹鬼厳しかった兵庫に関しては一か月の間外出したのは何と一回きり・・(笑)

悪名高き群馬に関してでも、外出はハロワなどで3回ぐらいでしょうか・・

まあ私は根っからのインドア派なので良いんですけどね!(←そういう問題じゃない)

 

ぶっちゃけホームレス女子って隠れる必要無くね?

 

・・と思っておりました。いえ、これは決してシャバ(コラっ💢)の空気が吸いたいなどの理由でなく・・

 

自立のための不動産屋巡りネットで情報収集など、自分だけでも頑張って動くことで少しでも賃貸に繋がるチャンスが増えるかも知れないと思ったからです。

何も外出したからってパチンコ行くわけでもあるまいし(笑)金ないんだから・・

 

DV被害者の方は、本当に隠れないといけなくて、というか外なんか怖くて歩けないという方も居たかと思います。本当に見てて気の毒でした。

だから、ホームレス女子だから別に隠れなくてもいいよね案件の私などは、例えば神奈川などでは散歩など認められたのですが、自分的に遠慮して、本当に本腰を入れて探す時にしか外出しなかったですね。

だって、なかなか外出出来ない人を横目にバンバン外出してたら申し訳が立たないというか・・ 

ん?

この遠慮はもしかしてDV被害者の方と同施設で無かったら生まれなかった遠慮なのかな?

 

うーん・・(困惑)

 

でもさ、DV被害者女性だって外歩きたいかもじゃないですか。

加害者がいる地域で非常に会う危険性が高いのならば、外出禁止もうなずけますが、全く縁もゆかりもない地域に被害者女性が逃げて保護してもらってる場合。

やっぱりDV被害者女性でも、外出の希望あれば出してあげたらどうかなあ・・

 

次だ!

 

☆ホームレス女子にとってDV被害者の方は重過ぎる・・泣

f:id:homezho:20181003125913j:plain

お・・重い~!!

 

ちょっと冗談ぽく書いてしまっておどけているように見えますね。すみません。

でも正直な感想、DV被害者の方は「重い」なと思いました。

皆どよーんとしてて、歩き方がちょっと変だったり、一つ一つの動作、行動がビクビクしているように思えました・・

見てて辛かったです。

私が今まで渡り歩いてきた女性相談所。

大半はDV被害者の方々です。

何故分かるかと言われれば、職員の対応がまるきり違ってたから。←それってどうなんでしょ??

もう、腫れ物に触るかのような扱いでしたね。DV被害者ファーストみたいな(ドナルドトランプ)

私に関しては結構ゆるい対応だったのに(笑)いじられキャラというかね!

トイレ長かっただけで爆笑されたり(酷い)

 

後、お子さんを連れて逃げてこられた方とかも居て・・

私は子どもが好きなので、もし普通の環境、例えば図書館や公園などで何回も出会って、仲良くなった状況なら一緒に本を読んだり鬼ごっこなどして遊ぶのですが、こういう環境(女性相談所の保護シェルター内)なので、お母さんもナーバスになってるんじゃないかなと思って、なるべく子ども好きさにじっと見つめてしまいたくなるのですが、ぐっと堪えて、あえての無視みたいな感じで対応してました。

 

ここで教訓!:いかなる人であれ、女性相談所シェルター内に居る時は人の顔をジロジロ見ない事!仲良くしようとか友達を作ろうとか思わない事!公民館や図書館に居るわけじゃないんですよ?女性相談所ですよ?ただでさえ人には秘密にしておきたい場所で、顔や名前をバッチリ覚えられたら嫌じゃないですか?プライバシーとエチケットは守りましょう!

 

お母さんの中には本当に普通そうに見えて、食堂で目を抑えてたから「目にゴミでも入ったのかな?」と思い、「どうしました?」と聞くと・・

もうそこから涙が続くお母さんも居まして・・

お子さんと一緒に逃げられてきて大変だっただろうし、これからどうしよう・・とか、過去の辛い境遇、今現在も子どもにこんな思いをさせるなんて・・などの気持ちもあったかも知れません。

 

私には完全に分かってあげられないのですが、そのお母さんの苦労や悲しみがひしひしと伝わってきて、何を言ってもマイナスになるような気がして(お前に何が分かる的な)泣いてる姿見られたくないだろうなと思って、そっと立ち去った記憶があります。

 

後、私は出会ってませんが、顔に青痣がガッツリある女性も過去には居たそうです。

もし出会ってたら・・気の毒さでご飯も喉を通らなかったかも知れません・・

 

勿論、ホームレス女子とて辛い思いをしてきてます!

でも、「種類」が違うんですよね・・

 

愛する人に手酷く裏切られてた哀しみと一人で生きてきた孤独と貧困の哀しみってね・・

お互い「お前に何が分かる!」状況かも知れませんね・・ 

 

その時、分かりあえる「同じ境遇」同士だったらば何か変わってただろうか・・

と、ホームレス女性として少し思ったことはあります。

「重さ」というのは、「ホームレス女性」が完全には分かってあげられない「DV被害者女性の哀しみ」が申し訳なくて「重かった」のかも知れませんね。

 

まあ、逆も然り。かもしれません。



☆DV被害者の方は・・ホームレス女子をもしかして差別する??f:id:homezho:20181003132951j:plain

 コケッ☆

 

先に言っておきますが、私は女性相談所内にて「ホームレス女の癖に!」みたいな罵倒、入居者の方から一切言われてません!!

というか、それは「あの子も自分と同じDV被害者なのね・・シミジミ」ってな、云わば勘違いから、そんな悲しい差別は受けなかったとも考えられます・・

 

私は24歳と若干女性相談所の入居者の方では若めではありましたが、顔や体に傷は無く、シェルター内ではなるべく物静かに行動してたのですが、時々職員の冗談で爆笑したりしちゃっても「気丈に振舞って偉いわあ」と思われたかも知れません。

 

まあ何が言いたいかと言うとですね・・

 

女性相談所はわざわざ「この人はホームレス保護案件です」「あの人はDV被害者案件です」など言いませんので!(当たり前)ホームレス案件である、などはまあ分からないはずなのです。

 

でも、私でも勘付いたように「ああ・・あの人は明らかにDV被害者案件の人だな」と同様、DV被害者で入られた方にも格好や様子からして「あの人明らかにホームレスだった人だな」みたいな人が女性相談所にやってくるかも知れません。

 

その際、DV被害者の方でホームレス女性を・・

差別されるんじゃないかと・・

思って・・

 

はっきり言うと差別というのは、「ホームレスって汚らしい」とか「私と一緒にしないで欲しい、自分はもっと身分が高い」とかです。

 

今は、圧倒的な認知度から、女性相談所のシェルターは通称「DVシェルター」と言われるほどです。でも法律に基づいてだと、そもそも婦人相談所というのは、売春をする恐れがある居宅無しの貧困女性を保護するための施設であったのが当初の施設運営の目的だったらしいのです。だがしかし。それがだんだん夫婦や恋人間のDVから逃れた被害者の数の方が勝ってきて、今日に至るらしいです。

 

なので、本来は「DV被害者」も「ホームレス女性」も皆平等の価値なのだから、同じように保護をしてほしいのは大前提で当然と言ってくれるほどにしてほしいし、職員の対応もあからさまな差はやめてほしいですね・・まあ仕方ないときは仕方ないと思うようにしますけどもぉ・・

 

「危険さ」では家にかえると命を脅かす暴力夫が居る家だって「危険」であるし、真夜中の都会でも田舎でも道端や人気のないような所で身を隠して野宿しないといけないホームレス女性だって「危険」であると、そしてこの「危険」の度合いはそこそこ同じであると、その認識を女性相談所には求めたいですね。

 

 で、ぶっちゃけていえば、「DV被害者女性」も「帰る家がない」から、ほぼ「ホームレス女性」であるとも言えるし、「ホームレス女性」も「毒親から虐められてきた」などの理由で「家に帰れない」から「毒親などのDV被害者」であるとも言えると思います。お互い様ンサターバサ♪

 

私は「差別」に遭遇してません。でもそれはたまたま私が「ホームレス女性案件である」とバレなかった(!?)からかも知れません。

 

まあでも、もし「DV被害者女性」だとか「ホームレス女性」だとか分かっちゃった時でも、差別はしないで下さいね。

 

DVシェルターじゃなくって、「困ってる女性シェルター」だったらフェアな気がしますね・・なんつって☆

 

 

 

☆ホームレス女子にも種類がある・・(ちょっと残酷)

f:id:homezho:20181003134908j:plain

色んな人がいるんだな・・

 

同族嫌悪と言えばあまりにも失礼なのですが・・

「ホームレス女子がホームレス女子を嫌う」ということが、本当に正直な話、ありました。

ホームレス女子にでも、「種類」があったからです。

 

私の「種類」はというと。

はっきり言って、2日お風呂に入れなかった日は非常に幸運な事にありませんでした。

食べ物よりも清潔さを重視していたからかもしれません。

 

ホテルが無くとも銭湯に入り、

2日同じ服で匂いが気になってきたらリサイクルショップで買った古着を着て、

元の服は捨てていました。

風呂に入れなくても、最悪駅の女子トイレで歯を磨いたりなどもしてました。

物に執着が無くて、とにかく潔癖症だったことが要因だったかもしれません。

待ち行く人が当時の私を見てもまあまずホームレスの女性とはまず思わなかったでしょう。

関東で化粧品のサンプルを渡されたりもしましたし・・。

 

これは本当に幸運だったことと、私が「自分を清潔に保てないなら死ぬ」という性格だったからというのもあるかもですね。

 

でも中には、何か月もお風呂に入ってなかったかのような匂いの人、汚らしい髪の毛やお洋服、人の顔を見て笑ってるかのような落ち着きの無さが目立つ元女性ホームレスの方とも女性相談所ではない施設にて出会ったことがあります。

 

そういう方の境遇を考えると、本当に気の毒で、絶対にそれが本人の望んだ結果でない、仕方なくそうなってしまったんだって言うのは理解出来るのですが・・

 

悲しいかな、今現在はちゃんと施設の方で「新しい洋服」も貰えるし「お風呂」も毎日入れるし(シャンプー、リンス、ボディーソープ、洗顔料まである)、「ご飯一日三食」もきっちり提供されるのに、過去の習慣を変えずに生活される困った方もいらっしゃいます。

私は施設に入ったばかりの見た目や匂いなどの苦情を言ってるのではありません。

だって本人の努力ではどうしようも無かった、気の毒な人だったから。

 

でも、今はそうではないのに。集団生活なのに。清潔さや匂いには努力して改善しないといけないのに、それがなかなかしない人。

はっきり言って迷惑だなと思いました。

 

尋常じゃない精神の疲弊から、「自分自身を清潔にしなくてもいいや~」ってなってしまってるのかもしれません。それは本当に可哀そうだったと思います。

でも、せっかく「清潔に出来る環境」に居ることになったのに、清潔になる努力をしようとしない人は同じホームレス女性としても許せないというか・・

一緒に思われたくないというか・・

すみません。本当に正直な話なのですが。

なので、私は女性相談所にいる間。

「あ、この人ホームレス要件の人だな」と思った人は一人も居なかったのですが

(気付かなかったからかも)

もし「見るからに」そういう人がやってきたとして、2,3日経っても同じ格好のままだったら、さすがに嫌悪します。

だって匂いでご飯が食べられないんですもん。

そういう人は、どうしたらいいんでしょうね・・。

まあ、こういう人はDV被害者でもホームレス女性でも迷惑であると思いますので、何とか皆で清潔にさせるようにするしかないか!

 

☆金銭感覚の違いはどうにかならないかなー。千差万別!

f:id:homezho:20181004031023j:plain

ホームレス女子とDV被害者の違いとして結構多く当てはまるのが「経済力」です。

 

以前、女性相談所で世間話フレンドだった年上女性2人と新聞の広告の話題になって、話していた時の事です。

「ヘアクリームが800円、靴が1500円!安いなあ!」

「へえ、買いに行きたいね!」

「外出の時買おうかと思ってるー」

わいわい・・

 

の会話にたじろいだことがあります。

何故なら私はその時の所持金1500円が全財産だったからです・・

 

 

きっと彼女たちは1万円以上の貯金はあるはずだと思います。

「キャミソールが足りないから買いに行きたいのだけどコンビニで売ってると思う?」

などの質問も、少しお金の無い身からとしては心に傷つくものがありました・・。

こっちなんか一枚も持ってないわい💢

 

これは私の個人的な意見なのですが・・

お金がある人は民間シェルターなど利用したらいかがかなって。

居場所がバレたくないのなら、大金持ちの方ならホテル泊まりをしたらいいと思うし、民間シェルターで1泊2000円とかで保護してもらってもいいと思う。

 

民間シェルターの方が外出などの制限がはるかに少ないですし、ご飯やお菓子を自由に作れて食べられて、賃貸も自分の希望する条件で住める確率が高いです!

公的シェルターは無料ではありますが・・

賃貸は、なかなか自分の希望するような良い家には住むのに難しいと思いますね。

それは期限の短さと外出の制限などの理由からです。

あんまり住みたくないような家に職員が酷い言葉を使ったりして(例:「路頭に迷いたいんですか?」兵庫)無理にでも早く引っ越しさせようとします。

 

話が逸れましたが・・

まあつまり、公的シェルター内で引っ越しの際、40万円の家具をクレジットカードで買うような人はちょっと違うんじゃないかと。

まあ秘匿性?の為の入居かも知れませんが。私だったら、例えば貯金100万円あるのならその金でとりあえずはホテル暮らし、なるべく早めに遠方で賃貸やシェアハウス契約を考えますね。

でも、上手くいかなくて、いよいよ貯金3,2万円になってしまったのならば、女性相談所に入所すると思いますが・・。

 

「それは違うんだよ、ほむ子」ってな意見もあるかも知れません。

もし私の知らない「事情」、つまり・・

お金持ちでも女性相談所に来なくてはならなかった理由が私が知らないだけで(!)

あるのならば、本当に申し訳ないと思います!すみません!

 

でも、何故そんな事言ったかというと、悔しかったから。

「そんなの自分の勝手でしょ」と思われるかもしれませんが。

 

例えば病院の待合室で「食べられないお子さんもいるので、お菓子をここで食べないでね!」という注意書きを見たことがあります。心境としてはそんな感じです。

 

お金はとりわけナイーブな話題ですので、女性相談所に入られる方の世間話程度でも、お金のかからない話題、例えばテレビ番組の感想や本の話題ぐらいにとどめて欲しいなーと思いました。

ほら、だってボンビーなDV被害者さんだっていますよ!だから、です。

 

 

 

 

 


☆結論:でも結局さ、皆同じボンビーなんだから明るく行こうよ!

f:id:homezho:20181003150119j:plain

 結論としては・・でもその前に。

 

私は・・ホームレス女性とDV被害者女性。一緒なら一緒でもいいし、分けられるなら分けてもいいが、そのせいで受け入れの差が出るような事は断じてあってはならないと思います。

 

ホームレス女性であっても受け入れを断られたら困るし、DV被害者女性も受け入れを断られたら困るものです。お互いに、同じ位、命の危険があると思いませんか?

 

もし分けたのならば、

「ホームレス女性」は自由に外出出来て、自立に向けた情報収集がスピーディーになるかも知れませんし、

「DV被害者」の方は、ひょっとしたら「ここには私と同じ環境の人しかいない・・!」 てな訳で安心するかも知れませんね。←(ちょっと悲しい)

住所秘匿は、いくらホームレス女性だってベラベラ話しませんよー。

そこはホームレス女性だから人にベラベラと話してしまって、DV被害者は口が堅いとは一概には言えないと思います!

 

でももしこのまま一緒くた(オイ💢)になってたとしても、それほど障害は無いんじゃないかなと思いますね。

 

だって「分かり合えない」ようで少し「分かり合える」関係だと思うからです。

 

そもそも、一部のDV被害者は元・貧困女性だったんでは無いか説・・

 

実家も頼れないような貧困女子が経済力目当てに付き合ったり結婚したりする例もあるはずです。

そして、足元を見られてるので男からDVを受けるという・・

 

女性相談所が貧困女性であるホームレス女性を受け入れないで、DV被害者女性だけを受け入れるスタイルだと、まあまずホームレス女性は誰とも構わず酷い男とくっついて、DVを受けやすくなると思います。

 

いいですか?

ある毒親の元で家出を繰り返さざるを得なかった少女は引っ越したいと思っても、中・高校生だと経済力が知れてますし、そもそも家など借りれません。

そこでインターネットで知り合った男性の家に同棲。

最初は簡単な家事を手伝って、とにかく追い出されないように精一杯尽くしますが、段々男が弱みを握って要求がエスカレート。

最初は言葉だけだった暴力が金銭的や精神的にも追い込まれて行って、最終的には完全に箍が外れて肉体的暴力へ・・

 

そして、被害者は自分自身だけにとどまらず子どもにだって増えます。

 

女性相談所がホームレス女性を受け入れないということは、結果としてDV被害者を元貧困女性+その子どもを増やすという、DV被害者の増加、負の連鎖に繋がるのです。

 

 果たして女性相談所、特に千葉、茨城、埼玉、宮城は分かってるのでしょうか?

女性相談所はDV被害者女性を増やしたいのでしょうか?

 

女性相談所は、貧困女性のホームレス女性を軽んじて、「あくまでDV被害者女性優先」の姿勢だったら「じゃあDV被害者案件になれば保護して貰えるのね?」ってことになります。極論ですけど。

そしたら、最悪日本人女性が一人死にますし、被害者は産まれた子どもにも及びますよね。

 

前述したとおり、「DV被害者女性」と「ホームレス女性」、似てないようで、実は共通点が多いです。

なのでね、私の結論としては「お互い差別しないこと!皆同じボンビーでも明るく前向きに家探しを頑張りましょう!」です!

 

「一緒」に暮らしてる間。

「DV被害者女性」に気を付けて欲しいのは「金銭や地位などのリッチな話題は避けて欲しい」こと。

「ホームレス女性」が気を付けないといけないのは「傷や相手のテンションの低さを指摘せず、そっとしてあげる」ことですかね。

 

目指している先はみんな共通、「幸せな生活を送ること」のはずです。

誰が「不幸になって地獄を見たい」とわざわざ思って願うでしょうか?

 

お互い応援しあって、相手の幸せを祈ってあげられるような平和な女性相談所になるといいなと思います。

 

お読みいただきありがとうございました!