ほむ女の#女性相談所#DVシェルター#元ホームレス女子#貧困女子#生活保護女子...etc

女性相談所を県各所まわる日々を過ごしてました。今は生活保護を受給してます。

ホームレス女子時代に実践したメンタル術~心を強く持ったらなんとかなる~

f:id:homezho:20180928235455j:plain

夢を持って!辛いときは空を見上げるんだ!

 

こんにちは!ほむ子です。

 

今日のアクセス数は9/28、「109」でした!109!!

どうもありがとうございますう・・

なんか、このブログがもう200人の方に見てもらってるなんて信じられない感じです。

どんなネタが求められてるものなんでしょうか・・

私が豆腐メンタルでなければ聞けるのに!うっうっ・・本当にごめんなさい・・。

 

私はふと思いました。

 

今、秋田のボロ家に住みながらも、インターネット環境とパソ子のおかげで楽しく暮らせてます。

そこでYoutubeを引っ切り無しに見るのですが。

 

何故自分はそんな、元ホームレス女子なのにメンタルやられてないんだろう、って。

 

はっきり言って、日本の福祉は冷たいと感じます。

北欧や、アメリカなんかに比べると。

特に女性相談所。

 

だって、集団で合わない人ははじき出すという、東京女相みたいなことを平気でするからです。職員を捕まえて様々なこと質問してましたからねえ・・でも、たかがそんな事で、それだけで命の選別をしていいんですか?

 

大袈裟でなくて、ホームレスというのは命にかかわります。

私もいくらでも命の危機に直面したこともありました。

私ではありませんが、肉体的にも精神的にもやられてしまって、

精神に異常をきたしてしまう元ホームレス女子の方も見ました。

 

私は本当に幸いなことに、命はあるし、体に傷はつきませんでした。

というか、

 

もし私が一回でも風俗で働くことにしかなってしまわないとき。

もし身売りを一回でもしてしまわないといけなかったとき。

もし段ボールでお家を建てないといけなかったとき。

もしゴミ箱でご飯を漁らないといけなかったとき。

 

その前に死んでやると思ってました。

 

ちょっと高めのビルでも選んで飛び降り一択・・

その前にずーーーーっとレスキュー隊が来るまで待って、ニュースになるぐらい大事になってから、私の存在が示されたのなら、命を落としてしまっても絶対後悔しないと思いましたね・・きっと私一人の命とて、日本を変えるきっかけになるのなら本望です。

 

犯罪・・万引きやスリ、放火みたいな重罪をする気はありませんでした。もう私以外で傷つく人なんか見たくなかったからです。でも、やけくそになってそういう考えも生まれてくるホームレスもいると思います。

 

私は昔から本が大好きで、映画も好きで、そこで育まれた知識、メンタル術が私を救ったのかも知れません。

 

 

 

主なメンタル術は以下の通りです。

 

☆今の世界は5分前に出来たのだと思うこと

☆好きだった人、面白かった出来事、明るい音楽を脳内で繰り返し再生すること

☆無理にでも口癖で「なんとかなる」「良くなる一方だ」と繰り返し呟くこと

☆妄想、現実逃避、パラレルワールド、なんでもいいから「自分はジャーナリストである」「本当は大金持ちの令嬢」など、その人物になりきること。

☆どんなに辛くとも、「自分だけが辛い」と思わないこと。同じ境遇でもっと辛い経験をした人は必ず居る。その人と比べると自分はきっとまだマシ、と思う事

 

 

 順に見ていきましょう!

 

 

・ 今の世界は5分前に出来たのだと思うこと

f:id:homezho:20180929002330j:plain

 

皆さん「世界5分前仮説」って知ってますか?世界五分前仮説 - Wikipedia

 

この世界は実は、今まで24年間分の記憶を頑張って制作したプログラマーが人形型AIの私の脳にたった5分前にインストールしたかも知れないっていう説です。

 

不思議系ですよねww

でもそうではないと反証することが出来ないらしいのですよww

頭がこんがらがりそうです!

 

まじふざけんなプログラマーって感じでもあります!💢

だってさ今まで12時間山道を歩いた記憶とかさ、山形の基地外ババアに乞食呼ばわりされた記憶だってさ(乞食なんてしてないもん)女相を追い出された記憶もさ・・・

 

全て虚構じゃん!ファンタジーだったってこと!?チョーあり得ないんですけどー!

 

まあでもね。そう思考をチェンジしたら全て・・

特に直前に凄く嫌な目に遭ってしまった時だって効きませんか?

 

だって、そう考えるとあなたは「もの凄く胸糞な映画」を見ただけであって、あなた自身に被害が及んだわけじゃないんです。フィクション、フィクション!

 

私は千葉~茨城~群馬と二日殆ど寝ずに歩き続けて、途中田んぼにも落ちて服が泥だらけになってしまって、それでも居場所が無いから歩き続けなくちゃいけなくて、辛くて辛くて、やっと辛うじて群馬女性相談所が受け入れをしてくれたその日の夜、お風呂に入って新しい寝間着も貸してもらい、布団に入って後は寝るだけという時。

 

あまりにも自分が可哀そうで、寝られない時がありました。

泥だらけでいることは潔癖症である私のプライドが許せないのに、どうすることも出来なかった屈辱。

寝不足だから寝ないといけないのに・・

 

その時、「世界五分前仮説」を思い出したんです。

 

「・・あっ、そっか。これは全部インストールされた出来事なんだ。実際私が体験した出来事じゃないんだね」

 

と妙に納得して、すぐに眠りに落ちました(笑)

 

現実逃避という人もいるかも知れません。

でも少しだけ、不思議な世界に助けを求めるのも正常な精神を保つのに必要だと思います。

 

 

 

☆好きだった人、面白かった出来事、明るい音楽を脳内で繰り返し再生すること

f:id:homezho:20180929005202j:plain

要は「明るい気持ち」で常にいられるためのコツです。

 

思い出すだけで笑みがこぼれる昔好きだった人とか、大爆笑したテレビのお笑い番組のネタとか、馬鹿馬鹿しいけどとにかく明るい踊りたくなるようなあげあげの音楽をいかに引っ切り無しに脳内再生出来るかが重要。

 

人目が気にならない場所だったら思い出し笑いで大爆笑しても良いでしょう!(笑)

不思議と、そうやってテンションアゲアゲの状態が長続きすると、良い結果が待ってる可能性が高いんですよね。

 

例えば私は「地獄の週末」と呼んでいる、千葉~茨城~群馬を歩いてたときの心情はとにかくネガティブで、ゾンビみたく悲観的でした。

そんな際に待ち受けてるのはもっぱら「千葉」「茨城」女相の受け入れ断り、栃木と群馬の県境で道に迷う、田んぼに落ちる、受け入れてくれたものの結局解決しなかった群馬女性相談所・・・みたいなもんです。

 

でも、気持ちを明るく持つようにした翌日、無事秋田で女相に入ることが出来て、賃貸に住むことが出来ました。偶然とは思えません。

ネクラにはネクラの人がくっつくみたいに、

明るい人には明るい出来事がくっつくのかも知れませんね。

 

 



・無理にでも口癖で「なんとかなる」「良くなる一方だ」と繰り返し呟くこと

f:id:homezho:20180929010719j:plain

 

思ってるだけじゃなくて言葉にする事がすごく大切です。

何か知らないけどすごくよく効くんですよねー・・何故だろう?

 

「大丈夫だあ」(沖縄の方言風に)

「何とかなるさー」(同じく)

「良くなる一方だべ」(東北弁)

「助かったあ!」

・・などなど。

 

まあ方言はあまり気にせず(当たり前)自分が気に入ってる発音で言葉遊びみたいに言ってみてください!

 

この術が特に凄いのは、死ぬほど辛くて落ち込んでいる時にでも口を無理矢理動かして「大丈夫だあ・・」と10回ぐらい言い続けてると

 

「脳」が

「そっかあ~大丈夫なんだあ~・・パァアアア・・」

とあほなのか勘違いしてくれて(笑)

 

不思議と「大丈夫だから先へ進もう」という気にさせてくれます。

 

 

 

・妄想、現実逃避、パラレルワールド、なんでもいいから「自分はジャーナリストである」「本当は大金持ちの令嬢」など、その人物になりきること。

f:id:homezho:20180929012335j:plain

見苦しいかも知れません(笑)

でも、出来うる限り「なりきって」行動することが「プライド」を守ることにも繋がってきます。

 

プライドって人間ある程度は持つべきだと思うんです・・。

高すぎても低すぎてもダメなものだと思うんですよね。

例えば私のプライドは「絶対に自分がどんな状況に陥ろうとも決して人に八つ当たりしない、悪態をつかない」とかです。

それをしたら私という人間はおしまいになると思います。

 

でも人に道を聞く、車に同乗させてもらえないか聞く、いざとなったら今晩泊めさせてくださいも、宿泊のお願いは言った事がありませんでしたが、いざとなったら必ず赤の他人にでも頼もうと思ってました。それは「恥」ではないからです。

人の親切を受け取るのは「恥」でしょうか?

私はそうは思いません。人に良いことをしたら自分にも良いことが返ってきますし、何より、人に親切にしたら嬉しいと思いませんか?ちょっと良い人になれた気がして。

 

・・なので、あくまでプライド維持もありますが、これは精神を強くさせる効果もあります。

 

例えば、「ホームレス女が居場所を求めて彷徨い歩いてる」という表現と

「女性敏腕ジャーナリスト、日本全国の女性相談所の調査!」だと心の持ちようが変わってくるんです。

 

※勿論、女性相談所への入所は決して調査のためではありません!あくまで心持ち。

 

人って意外に自分の役職やポジションに行動や心情を左右されやすいと思います・・

スタンフォード監獄実験 - Wikipedia

の実験みたいに。

 

なので、群馬女相なんかは何を勘違いしてるのか、職員は「看守」のスタンス、入居者は「囚人」みたいなパワーバランスが悪習として続いてましたが、私は「ジャーナリスト」と思って普通に抗議、対抗するのでパワーバランスが崩れて対等に近づけたのでは無いかと思います。

 

女性相談所のスタンスと入居者のスタンスは非常に難しいのですが。

女相が「看護師」みたいな対応だと入居者は「患者」みたいになって変だし。

女相が「先生」で入居者が「生徒」も違う・・

女相は「登山ガイド」で入居者は「登山者」の関係性が一番フェアじゃないかと思いますね。お互い同じ目標であり、応援しあえる対等な関係性が一番です。

 

 

 

 

・どんなに辛くとも、「自分だけが辛い」と思わないこと。同じ境遇でもっと辛い経験をした人は必ず居る。その人と比べると自分はきっとまだマシ、と思う事。

f:id:homezho:20180929015408j:plain

 

実はコメントを無しにしている理由。批判も聞きたくないからもあるんですが

 

(私にとっては批判目的でブログを始めたわけじゃない。同じ境遇だった女性ホームレスの方だけのためのブログ開設なので、勿論その他の境遇の方が読んでもらっても一向に構わないけど、批判は元ホームレス女性からでもない限り聞きたくない)

 

「自分は○○という辛い境遇でして・・」のほかの人の辛いコメントも見るのがしんどかったからなんですね。

 

正直に言います。私にとっては、「ホームレス女子」「母親が毒親」「生活保護女子」以外のカテゴリ、たとえば夫婦間のDV被害者など気の毒だなと思うのですが、辛さは全然分からないんです。

 

「痛み」というのはその人以外知りえない、近づけるかもしれないけどやっぱり完全には分からないものだと思います。

理解したいのですが・・やはり、自分の心の傷は自分で治すしかないんです。

想像してみてください。自分よりもっとしんどい状況下だった人がいたとしたら。

その方はもしかしたら、もう命を落としてしまったかもしれません。

 

だとしたら、今生きているあなたはその不運にも亡くなってしまった方よりも幸せであると思えませんか?ちょっと残酷な言い方ですけど。

 

私の例で当てはめてみると、例えば100年前の日本だったらば、もう死んでいたかもしれません。福祉なんかきっと無く、風俗に売られるくらいなら自ら命を絶っていたでしょう。

でも、こうして今生きているということは、この時代はまだまだ不平等だけど、一応の生活保護があって。大変な思いをしたけど命を絶つほどの酷い思いは幸運にも逃れられたということです。本当に大変で、辛い思い出ではありますが。

 

「夢」も人を動かす原動力だと思うんですよね。

私はこれをするまで死ねない!みたいな強い思いを抱かせる強い夢、それのおかげで生きてるのかもしれません。

 

過去は変えられませんが、考え方と、ものの見方と、今と未来は絶対変えられます!

 

 お互い頑張りましょう!

 

お読みいただきありがとうございました!