ほむ女の#女性相談所#DVシェルター#元ホームレス女子#貧困女子#生活保護女子...etc

女性相談所を県各所まわる日々を過ごしてました。今は生活保護を受給してます。

#女性相談所(DVシェルター)の生活とは?意外に快適!最低限の生活は確保される

f:id:homezho:20180924083618j:plain

こんにちは。ほむ子です。

私がつい最近までホームレス女子だった2018年に巡った女性相談所(DVシェルター)、民間シェルター、公的一時保護施設など・・恐らく10か所位の施設に約10か月間お世話になったのですが、今回は女性相談所の生活環境について述べようと思います。

 

「監獄、牢獄みたいって本当?職員も看守みたいだとか」

「汚くて狭くて相部屋なんでしょ?」

「ご飯もまずくてお菓子もない?」

「治安も悪そう。泥棒とか喧嘩とか・・」

 

とんでもないです!女性相談所が世間一般のイメージかどうか知りませんが・・(刑務所じゃないんだから)

部屋は綺麗で清潔で基本個室、支援員さんも親切な人ばかり、何も無い私にお洋服に石鹸に歯ブラシにタオルに綿棒に何でも与えてくれる・・

少なくとも私にとっては本当に天国みたいな所でした。

確かに個人差はあるかも知れません。

でも、何日も歩き続けて寝てもないホームレス女子にとって保護されて女性相談所に入れた時。

どんな部屋でも上の写真みたく、豪邸みたく輝いて見えます・・。

 

なので女性相談所に入るべきの「要保護人」(DV被害者、ホームレス女性)の女性が

「刑務所みたいな場所は嫌だから・・」

と言って、女性相談所に入所を躊躇ってしまうことになったら非常に残念だと思い、この記事を書くことにしました。

 

 女性相談所に限って言えば、ほぼ同じように決められていることは

①ご飯、掃除、娯楽、風呂などの時間割が決められている(これがタイトかルーズかは地域によります)

②娯楽にはテレビ、DVD、おもちゃ、最悪でも本は必ずある!

➂外出は制限される。しかし、ホームレス女子は隠れる必要が無いため、この規則を緩めてくれたりする。

 

が大前提となります。「ご飯・風呂・睡眠・娯楽」は基本必ず守られている生活と考えて良いと思います・・

 

f:id:homezho:20180924103313j:plain

まず「ご飯」に関しては・・

栄養士さんが作られることが殆どです。なので味が異常に薄いだとか濃いだとかはあまりありません。ごく普通の味覚なら美味しいと思えると思います。ていうか美味しい!

しかも野菜たっぷり、栄養ばっちりヘルシーです。ただ、難点といえば栄養士さんがカロリー計算まできっちりされるので、私としてはちょっと少なく思えた・・けど慣れるものです!

基本的には和食です。魚の照り焼きがよく出ました。でも朝食はパンの県が圧倒的に多かったです。何故でしょうか・・まあ私は朝はパン派なので良いんですけども(笑)

個人的には、支援員さんが作ってくれるタイプが美味しかった気がします。おかわりし放題だったのが大きかったのかも知れない(笑)

f:id:homezho:20180924104100j:plain

お菓子もあるんですよ~これが!

一日1,2個の小さいものですが・・あるとないとでは大違いです!グリコのクッキーとかチョコパイ、ルマンド&甘い紅茶かコーヒー・・甘党としては嬉しい限りです!

ただ残念なことに・・神奈川だけは週末に粉末コーヒーかハーブティーが出るだけ・・

お菓子一日一個だけでもいいから・・いやいや一日一杯甘い紅茶だけでもいいから!何とかならないものか・・切なる願いです。

 

f:id:homezho:20180924104340j:plain

「風呂」に関して。

お風呂は一世帯ずつ入浴、清潔第一!どこも綺麗でした!一世帯毎大体30分位の入浴時間です。私は長風呂でつい悶々と考えてしまうのでしょっちゅう過ぎてしまって厳重注意でした(汗)「考え事していて・・」で察してくれたりもしました。

風呂場の大小はご当地によりますが、浴槽は必ず付いていました。

ただし、風呂は毎日入るんですけど「この日はシャワーだけで!」みたいなのはありました。(兵庫、群馬)まあでも熱いシャワーだけでもちゃんと体の汚れは落ちますし・・海外に行ったと思えば何とかなります。

特徴的なのは、アメニティ・・!

「何故洗顔フォームはあるのにリンスが無い・・」

「石鹸だけで全身洗えってか・・」

「歯磨き粉共有はダメでしょ!!」←兵庫のみ。基本一人一本支給。

みたく、様々です・・但し石鹸はどこにもあるので、一度石鹸だけで髪・顔・体洗う訓練をしたら役立つかも知れません。

 

※都市伝説的に、「風呂は3日に1回」みたいな女性相談所もあると聞いたことがあります・・そんな酷い所へ行きたくない人は是非初回ブログの都道府県を参考にして下さい。

※実は兵庫、単身女性側の風呂が毎週木曜日だけ「風呂お休み」という謎のルールがありまして抗議した結果、私がいる間そのルールは撤廃されて毎日入れるようになりました。木曜はシャワーのみだけでもいいから、ちゃんと毎日入らせて欲しい・・

※奈良は風呂が2日に1回と言われました。それは風呂の翌日はシャワーのみである、の間違いであってほしいです・・

 

f:id:homezho:20180924105310j:plain

「睡眠」に関して

午後10時就寝の午前6時起床が一般的。8時間の睡眠をちゃんと取れますし、慣れます!(笑)

そうそう、相部屋は相当混んでる際はあるらしいのですが、私は女性相談所で相部屋になったことありませんでした。春休み、夏休みにだって居たのに・・基本、単身女性だって個室と思っていて良いです。但し、人が多くなってしまった時、どうしようもなくて相部屋になってしまうことも無くはないかも知れません・・(個人的には兵庫と神奈川がその確率が高いと思います)

 

f:id:homezho:20180924110008j:plain

「娯楽」について

部屋にテレビが無かったのは群馬だけ。ちょっと凄いのはビデオデッキを付けてくれる所もあってDVDも楽しめた所です!その他本、折り紙、塗り絵、パズルなど・・

この娯楽の質も本当に地域によるのですが・・何やかんや、暇にならないように頑張ってくれてます。その心遣いも有難いですね。それで、現に暇で死にそう・・みたいに思った所は群馬以外ありませんでした!

 

f:id:homezho:20180924113214j:plain

いかがですか?

確かに集団生活にはなりますが、単身女性は基本個室が与えられるし、お風呂皆で一緒に入る、なんて所は皆無でしたのでプライバシーは守られると思います。

私もすごくシャイですが、入居者の人たちはお互い様々な事情で入所しているわけで、いろいろと詮索することも施設の規則で禁止されてるので「今日は暑いですねー」みたいな世間話程度も稀でした。

無関心なのがお互いにとって良いのです。相手の事情を聞いてもしんどいだけ。「聞きたくない・聞かれたくない・言いたくない」を三原則のスタンスで良いと思います。お友達を作りに女性相談所に入ってるわけではないので、ちょっと冷たいその距離感が丁度よく治安の維持にも役立ってると思います。

 

 

 最後に私からのアドバイスとして・・

 

 

 

女性相談所にこれから入るという人はどうかノート一冊とペン一本を持って行って、これからの目標や夢を書いたり、自分の気持ちを書きなぐったりしてください。

女性相談所の生活で強いのは、いかに「自分の世界」を持っているかによるかと思います。

暇だとどうしても嫌な記憶とかどうでもいいことばかり頭に浮かんでしまいます。

そんな時、何か「自分の世界」・・つまり趣味に没頭できるものを持ってる人は強いです・・絵でも歌でも手芸でも言語でも。だから何も趣味が無い人は趣味を見つけてください。 そして趣味で気持ちを落ち着かせつつ、夢や目標への最短ルートを頑張って目指しましょう!