ほむ女の#女性相談所#DVシェルター#元ホームレス女子#貧困女子#生活保護女子...etc

女性相談所を県各所まわる日々を過ごしてました。今は生活保護を受給してます。

要点#家が無い18歳以上の成人女性は「女性相談所」へ行ってください!ホームレス女性も「女性相談所」へ!

 

f:id:homezho:20180924034334p:plain


皆さん初めまして。2018年現在、24歳女性、元ホームレス女子のほむ子です。

「家がない。お金もない」女性のために。

DV被害者に関わらず、ホームレス、家出せざるを得なかった成人女性が居宅が無い場合。全国にある「女性相談所」の要保護人になります。

☆市役所か区役所・・生活福祉課へ。「女性相談所」で保護をお願いする。
☆警察署・・生活安全課へ。「女性相談所」へ保護をお願いする。

のいずれか二つからでないと女性相談所の一時保護施設に入所できません。
一時保護施設は公的な「DVシェルター」の名でよく知られている場所です。

私はDV被害者の要件でなく、居宅無し女性の要件(つまりホームレス)で大多数の入所を認めてもらいました・・大多数はというと?

そうなんです。「売春防止法」という、全国統一で同じ法律の下、女性相談所はDV被害者女性とホームレス女性を平等に保護しないといけないはずなのに、保護してくれた県と保護してくれなかった県がありました。

 

本当はアフィリエイトでお金収入確保出来てから・・と思って、ブログに載せることを遅らせてました。でも、「家ない 女性」とか「ホームレス 女性」とグーグルで検索したら出てくるサイトの酷いこと・・風俗で働くしかないとか、お持ち帰りされろだとか・・

 

同じ女性として、そういう誤った情報を垂れ流しのままでは駄目だと思いました。

同棲を解消されたり、毒親で家を出ざるを得なかったり・・様々な理由でホームレス女性はいるはずです。ネットカフェ、マクドナルドで寝ている貧困女子さん達へ情報を伝えたいと思います。

私の力不足で、こんなネットワークが無いと得られない情報で申し訳ないのですが・・

(私がホームレス時代、ネットワークなんか滅多に見られなかった)

もし周りに困っている貧困女子やホームレス女性の存在を知っているのなら読者の方が伝えてほしいなと思います。

 

それではいきます!

 

※これは私の実体験に基づいた事実です。

「2018年、女性、24歳単身、ホームレス、前科歴無し」の保護を受け入れた女性相談所は・・(◎・・受け入れた県)

東京

大阪

兵庫

神奈川

群馬

秋田

奈良・・(最初断られた。しかし同日中に電話にて抗議したら受け入れを認めた。)

 

「上記同上」の保護を受け入れなかった県は・・(✖受け入れなかった県)

埼玉・・「要保護人」でないと言われる

千葉・・「生活保護」の関係で断られる

茨城・・「要保護人」でないと言われる

宮城・・「要保護人」でないと言われる

 

以上が、このブログを始める動機であり、目的を果たせたと思える・・伝えたかったレポートです。

私は決して電話だけで相談したのではありません。二日間山道を歩き続けて移動したり、空腹の上に徹夜でボロボロになって駆け込んだ市役所、区役所や警察署の方に女性相談所さんへ保護を求めた約10か月間の事実の結果です。

 

眠くてしんどくてお腹もすいていてこのまま夜間外に居たら身の危険もあるという恐怖、やっと違う県で保護を求められると思ったのに無下に断られる気持ち・・どんなに死のうかと思った事か。絶望でしかないですよね。

それで勿論というか・・女性相談所が断った県は私の中で大嫌いになってしまいました。関東は冷たいですねー!

私は都会の女性相談所の方が受け入れしてくれやすいのでは無いかと思いました・・

でも決してそうとは限らないですね。

例えば宮城なんか、東北一の県ですが断ったのに対し、秋田県は受け入れてくれました。埼玉も群馬よりも都会のはずです。なのに埼玉は断って、群馬は受け入れてくれました。

 

このブログでは、もっとくわしい女性相談所の生活、これまでの経緯などもう少し細かく書こうと思います・・でも、要点はこのページ以外にありません。

 

今、このブログを見ている"要保護人"の女性達、今どこにいるか(どこの県にいるか)分かりませんが、この結果を是非参考にしてくださったら嬉しいです!

 

「家」は確保できます!

 

女性相談所へ入所後、生活保護受給になるはずです。

それまで決して折れず、「旅人」だと思って頑張ってください!